1. 探偵BLUE
  2. 浮気・不倫調査 お役立ちコラム
  3. GPS
  4. カバンに小型GPSを仕掛けて浮気調査!バレない隠し方を解説!

カバンに小型GPSを仕掛けて浮気調査!バレない隠し方を解説!

2022.9.16

パートナーの浮気を疑っているものの、探偵事務所に浮気調査の依頼をするには費用がかかる…とお悩みの方は多いですよね。

そこで浮気調査を依頼する前に、パートナーの持ち物へ小型GPSを付けて、行き先を突き止めてみようと考えることはありませんか?

こちらの記事では、カバンにおすすめの超小型GPSやバレない隠し方について徹底的に解説しています。

GPSを使った浮気調査の注意点などもまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

浮気調査でカバンに仕掛けたGPSはバレやすい?

浮気調査_GPS_カバン

GPSを仕掛けるなら、出来るだけパートナーが手離さない物に付けたいと思うでしょう。

しかし、いくら小型なものでもスマホやお財布にGPSを付けると即バレますよね…。

そこでカバンにGPSを仕掛けようと考える方のために、カバンにGPSを仕掛けるとバレやすいのは何故かについて詳しく解説していきます。

個人が浮気調査を行うときのメリット・デメリット

まず個人がGPSを使って浮気調査を行う場合、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット 探偵事務所に依頼するよりはるかに費用がかからない
デメリット 相手にバレて警戒されやすい

GPSはネットでも簡単に手に入るようになりましたし、探偵事務所に依頼するよりはるかに低予算で浮気調査することが可能です。

一方で、パートナーにGPSの存在がバレてしまう可能性が高いのはデメリットです。

浮気を疑った事がバレてしまうと、パートナーに警戒されるため、浮気の証拠を掴むことが難しくなってしまいます。

カバンに仕掛ける行為のバレやすさ

残念ながら、カバンにGPSを仕掛けるのは難しい行為といえます。

普通の人は、自分のカバンの中身に何が入っているかを把握していますよね。

またGPSがいくら小さくても、自分のカバンに見知らぬものが入っていたら不審に思いませんか?

GPSが一番バレにくいのは「自家用車の車体の下」に仕掛けることです。

移動手段として、または浮気相手と二人っきりになれる手段としても、自家用車を使って浮気を試みる人は多いからです。

車体の下なら、毎回いちいち確認する人は少ないですし、もし確認したとしても見つかる確率は低いですよね。

とはいえ、大都市だと自家用車を持っていない場合も多いですから、そうなるとカバンを使わざるを得ないですよね。

しかし、カバンにGPSを仕掛けるのはバレやすいので、かなり慎重に行う必要があります。

カバンに小型GPSを仕掛けてもバレない隠し方

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

カバンに小型GPSを仕掛けることは難易度が高いと解説しましたが、バレない絶妙な隠し方がございます。

こちらではカバンにGPSを仕掛けてもバレない隠し方を2つご紹介しますので、GPSで浮気調査する際の参考にしてください!

カバンの底板の下に入れる

カバンに底板があれば、その下にGPSを入れ、テープで動かないように固定しておき、底板自体も動かせないように固定しておくのがバレない確率が高い隠し方です。

カバンの底板を確認する機会はそうそうないと考えられますので、カバンにGPSを仕掛ける際は底板に隠せるかどうか確認してみましょう。

カバンのサイドに縫い付ける

次はカバンに直接縫い付けて、GPSを隠してしまうという隠し方をご紹介します。

まず、GPSが入る大きさの小さな袋を作り、カバンの仕切りやポケットの部分に、GPSを入れた袋をまるごと縫い付けるという隠し方です。

どちらの方法でも、カバンがGPSで膨れていると不自然に思われるので、初めは飴やガムを入れて相手の様子を見た方が良さそうです。

カバン以外の小型GPSの隠し場所とバレない隠し方

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

パートナーがカバンの中身をよく漁ったり、よく入れ替えたりするので、「カバンに小型GPSを隠してバレないか心配」という方もいるかもしれません。

小型GPSにはカバン以外にも浮気調査で威力を発揮する隠し場所があります。

ここからはカバン以外の小型GPSの隠し場所とバレない隠し方を以下の3つ解説しますので、カバン以外にも小型GPSを隠そうと思っている方はぜひ参考にしてください。

カバン以外の小型GPSの隠し場所
  1. 自転車・バイク
  2. 衣服

小型GPSの隠し場所①車

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

パートナーが自家用車を持っている場合は、車は浮気調査をする上で非常に有効な小型GPSの隠し場所になります。

車は浮気によく使われる移動手段ですし、GPS発信機を取り付ける場所も多くバレにくく、カーナビの履歴やドライブレコーダーの映像と組み合わせることでより鮮明に浮気の実態を把握することが可能です。

小型GPSのバレない隠し方

覗き込む機会が少なく、鍵がなくても取り付けることができる車体の下に隠すのが、車での最もバレない小型GPSの隠し方になるでしょう。

ただし、マフラーの近くに小型GPSを取り付けると高温で故障の原因になるので注意が必要です。

バンパーの裏に隠すのもおすすめで、車内に取り付ける場合は助手席・リアシートの下やダッシュボードの中がおすすめですが、車内だと電波が届きづらくなるので、できれば車外に取り付けるようにしましょう。

小型GPSを車に仕掛ける際のバレない隠し方については詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

小型GPSの隠し場所②自転車・バイク

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

パートナーの移動手段が自家用車ではなく自転車やバイクの場合はこれらに小型GPSを取り付けても良いでしょう。

ただし、車よりバイクは隠せる場所が少なく、バイクより自転車はさらに隠せる場所が少ないので、バレないようにするには注意が必要です。

小型GPSのバレない隠し方

バイクの場合の小型GPSのバレない隠し方としては、タンク下やステップ下などに取り付ける方法が挙げられます。

自転車の場合の小型GPSのバレない隠し方はサドルの裏に取り付けるのが最善ですが、サドル自体が小さいので取り付けておく日数は少なくするのが良いでしょう。

車に比べて取り付ける場所が少なく、振動も大きいので両面テープなどで小型GPSをしっかり固定する必要があります。

小型GPSの隠し場所③衣服

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

小型GPSをパートナーの衣服に隠せば、車やバイクを使って移動しない場合にもパートナーの位置情報を把握して浮気調査することができます。

ただ、身に着けるものなので多少の変化で違和感を感じて気付く人も多いと考えられるので、バレないように隠し方を工夫する必要があり、また洗濯で取り除くといった手間がかかるというデメリットもあります。

小型GPSのバレない隠し方

おすすめの衣服での小型GPSのバレない隠し方はスーツやジャケットのパートナーが普段使わないポケットに仕込むという方法です。

衣服の裏に縫い付けたりする方法も小型GPSのバレない隠し方として挙げられますが、手間がかかるのが難点です。

小型GPSで浮気調査する際の注意点

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

裁判などに発展させない、ただ相手を問い詰めるための証拠に小型GPSを使うのなら、倫理的な問題はあっても法的には違法とされません。

とはいえ、小型GPSの設置が違法になるケースも存在しますので、浮気調査で使うときは次の点に気をつける必要があります。

相手とは夫婦関係か?

相手との関係が未婚の場合、自家用車や持ち物に小型GPSを付けると、プライバシーの侵害という問題が出てきます。

相手との関係が夫婦の場合は、夫婦の共有財産である自家用車に小型GPSを仕掛けても違法にはなりません。

GPSで浮気調査する際の違法性について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

取り出すまでバレてないか?

充電切れを補充するタイミングでもバレやすいですよね。

実は相手がすでに小型GPSに気がついていて、浮気現場を悟られないように気をつけている可能性もあります。

小型GPSを無事に回収するまで気を抜かず、小型GPSを仕掛けていた証拠は一切残さないようにしましょう。

バッテリーに気をつける

結構やりがちなのが、せっかく小型GPSを仕掛けたのに、小型GPSのバッテリー切れで行き先が掴めなかったというケースです。

超小型化されたために、従来のGPSよりバッテリーの持ち時間が減っています。

バッテリーには電池式と充電式があり、充電式は電池式と比べると頻繁に充電しないといけないので、交換時にバレてしまう可能性が高くなります。

設置した時間はしっかり記録しておき、バッテリーの残量はどのくらいか常に気にしておきましょう。

GPSの記録は浮気調査の証拠になる?

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

GPSを仕掛けると尾行の手間が省けますし、行き先の記録履歴が残ります。

GPSは相手の居場所を特定することはできますが、その場所を訪れたのは浮気と無関係のこともあります。

GPSの位置情報だけでは、浮気の決定的現場や証拠を押さえることが難しいのです。

GPSでは決定的な証拠は掴みにくい

浮気の裁判において法的に有効な証拠とは、パートナーと浮気相手の間に肉体関係があることを証明できる証拠のことで、それは次のようなものになります。

  • 肉体関係があると分かるLINE やメールのやりとり
  • 浮気相手と一緒にホテルに出入りする動画や写真
  • 浮気相手と一緒にホテルを利用した際の領収書

上記のような、実際に肉体関係があったと分かるものがないと浮気の証拠とはいえないので、やはりGPSの記録履歴だけでは不十分なのです。

浮気相手と一緒の写真を撮るとなると、事前に準備するものや労力を考えると、素人には難しいですよね。

ですから裁判に勝てる証拠を掴みたいなら、やはり探偵に依頼するのが確実となります。

GPSの行動記録で、ある程度浮気と目星をつけてから探偵に依頼するのであれば、GPSを使う意味があるといえるでしょう。

調停や裁判に使える浮気の証拠についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

バレない浮気調査は小型GPSではなく探偵を頼ろう

浮気調査_カバン_GPS_小型_バレない_隠し方

自分で浮気調査をするために小型GPS機器をパートナーのカバンや車に隠して、その隠し方が工夫されたものであっても、100%バレないという保証はありません。

そのため、確実に浮気調査を成功させたいならプロである探偵に依頼するのがおすすめです。

探偵に浮気調査を依頼することには以下のようなメリットがあります。

探偵に浮気調査を依頼するメリット
  1. 合法的な浮気調査をしてくれる
  2. 法的に有効な証拠を掴める
  3. アフターフォローがある
  4. パートナーにバレにくい
  5. 自分の時間と労力を浪費せずに済む
  6. 小型GPSをレンタルできる

公安委員会に届け出を出している探偵事務所は「探偵業法」という法律を守りながら素人ができないような調査も合法的に行うことが可能で、裁判や慰謝料請求にも使える法的に有効な決定的な証拠を掴んでくれます

また、法的なアドバイスや弁護士・行政書士・司法書士などの各種専門家の紹介、夫婦カウンセラーのカウンセリングなどのアフターサポートが充実している探偵事務所も多いです。

探偵は浮気調査のプロでありパートナーに顔を知られていないため、浮気調査をしていることがバレにくく、何より重くて難しい浮気調査を探偵に任せることで自分の時間と労力を浪費せずに済み、精神的な負担も減らすことができます。

探偵事務所はGPSのレンタルもしている

探偵事務所によっては小型GPSのレンタルも行っており、バレない隠し方など小型GPS機器を有効に浮気調査に用いるノウハウも提供してくれます。

費用はかかりますがたくさんのメリットがあるため、パートナーの浮気調査を検討している方はぜひ探偵に依頼してみてはいかがでしょうか。

探偵が行う浮気調査について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

カバンに小型GPSを仕掛けてもバレない隠し方|まとめ

  • バレない小型GPSの隠し方はカバンに縫い付けること
  • 車や衣服も小型GPSの隠し場所になる
  • GPSを使った浮気調査が違法になる可能性もある
  • GPSの行動記録だけでは浮気の証拠としては不十分
  • 浮気調査は小型GPSではなく探偵を利用しよう

バレない小型GPSの隠し方として挙げられるのは、カバンに縫い付ける方法や車の下に取り付ける方法、衣服のポケットに入れる方法です。

ただ、GPSを使った浮気調査は場合によっては違法になるうえ、GPSの行動記録だけでは浮気をしている決定的な証拠にはなりません

「バレない浮気調査がしたい」「確実に決定的な浮気の証拠を掴みたい」という方は浮気調査を探偵に依頼してみてはいかがでしょうか。

浮気調査でおすすめの探偵事務所を確認する!

あわせて読みたい記事

recommend

人気記事ランキング
Ranking